fbpx

クラウドファンディングの仕組みを徹底解説!【編集部おすすめサービスも紹介】

クラウドファンディングの仕組み

みなさんは、クラウドファンディングへの出資を考えたことがあるでしょうか。実際に参加したことがある方は少ないかもしれません。

また、「支援の見返りに製品がもらえる企画でしょ?」とよく聞かれますが、確かにその通りです。

ですが、クラウドファンディングが全部で5種類あることはあまり知られていません。

「クラウドファンディングで将来の大企業に先行投資する」といったスケールの大きい案件や途上国の経済援助など、ジャンルもさまざまで多くのプロジェクトが見つかります。

そもそも、あなたは投資と資金調達どちらに興味がありますか?

本記事では、クラウドファンディングの種類の違いと、出資者と起案者のメリット・デメリットも解説しています。

記事の後半では、今注目されているクラウドファンディングサイトをご紹介。登録しなくても募集している案件が見られるので、ぜひ訪問してみてくださいね。

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングは、インターネット上の不特定多数の人から、アイデアを持つ個人や組織が資金調達できる仕組みのこと。

民衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語です。

銀行の融資や自治体の補助金に頼らない、新しい資金調達の方法として近年注目を集めています。

クラウドファンディングの仕組み

クラウドファンディングの仕組み

クラウドファンディングの仕組みは、種類が変わっても概ね同じです。起案から支援を受けるまでの流れに沿って、ご説明します。

  1. 支援を募るクラウドファンディングサイトを決定
  2. プロジェクトの申請
  3. プロジェクトページの作成
  4. リターン(お礼)・目標金額を設定
  5. 公開・資金調達のスタート!
  6. SNSやwebサイトを活用し積極的にPR
  7. 気に入った支援者がプロジェクトに支援
  8. 募集終了
  9. プロジェクトを実行
  10. リターンを支援者へ送付・受取り
  11. プロジェクト完了

クラウドファンディングでは起案者が夢を語ることも大切ですが、多くの『支援者・投資家』はプロジェクトを確実に実行に移せるか、リターンは得られるかを重視しています。

現実的な目標設定と「支援したい」「欲しい」と思わせるリターンを設定することが、クラウドファンディング成功の鍵を握っています。

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングの種類

クラウドファウンディングはリターンや目的から、大きく5つに分類することができます。

  • 寄付型クラウドファンディング
  • 購入型クラウドファンディング
  • 融資型クラウドファンディング
  • ファンド型クラウドファンディング
  • 株式投資型クラウドファンディング

最もメジャーなのが支援に対しリターンが得られる「購入型」と見返りを求めない「寄付型」のクラウドファンディングです。

また、融資型やファンド型は高額の支援金が期待できます。不動産や大規模な新製品の開発など、大きな案件が多いで個人で支援を募るのは難易度が高いでしょう。

寄付型クラウドファンディング

見返りは求めない、寄付が前提のクラウドファンディングです。

社会問題を解決する支援や災害時の応援金、研究費用の援助などが有名です。感謝の手紙や写真などが送られてくることも。

メリット

  • リターンが無いので、プロジェクトに全額使える
  • 時事性の高い話題だと、大きな金額が集まることも
  • 支援者は、寄付を通じ簡単に復興支援などに加われる

デメリット

  • 支援者には大きなメリットがない
  • メリットを強調しづらく、支援を募るのが大変
  • お金では解決できない課題に直面する可能性がある

購入型クラウドファンディング

投資の見返りにリターンを得られるクラウドファンディング。

「完成した新商品を送ります」や「店舗の割引券付き」といった、支援者にもメリットがあるプロジェクトが多いのが特徴です。

購入型の資金調達には「All In方式」「All or Nothing方式」の2種類の方法があります。

  • 「All In方式」:目標金額に届かなくても支援金を受け取れる。リターンを返せることが条件となることもあります。
  • 「All or Nothing方式」は目標金額に届かない場合は中止。支援金は受け取れず、支援者に返金されます。

起案者・支援者ともに、プロジェクトの実現可能性を慎重に検討することが大切です。

メリット

  • リターンがあるので、寄付金が集まりやすい
  • 開業前からブランディングできる(見込み客の獲得)
  • まだ世の中に出ていない製品・サービスを最初に体験できる

デメリット

  • All In方式は資金不足でもプロジェクトを継続しなければいけない
  • プロジェクトに掛かる期待が大きい分、プレッシャーになる
  • 期待通りのプロダクト・サービスにならない場合も

融資型クラウドファンディング

投資家や資産運用を考えている人と資金調達を希望する起案者(企業)を繋げるクラウドファンディング。

起案者は、プロジェクト完了後に投資家へ融資金+利息を返します。

メリット

  • 銀行の融資よりも比較的簡単な手続きで融資を受けられる
  • 少額から企業に投資できる
  • 出資した金額+利息を期待できる

デメリット

  • 事業が失敗すれば、出資金や利息の支払いができないケースがある
  • 出資者からのプレッシャーを受けることも
  • 出資者が多いのでトラブル時に炎上しやすい

ファンド型クラウドファンディング

ファンド型は主に企業相手に出資するクラウドファンディングです。

企業の成長性に期待して融資・出資をします。将来見込まれる売上や利益に対し、リターンの割合が設定されます。

メリット

  • 投資先が大きく成長した場合、リターンも大きい
  • 出資者が商品を宣伝してくれ、広告効果が得られることも
  • 将来性に期待する投資家に出会える

デメリット

  • リターンの比率が高い場合、売上増加とともに負担が増える
  • 企業の業績が伸びなかった場合、出資金を回収できない可能性も

株式投資型クラウドファンディング

株式投資型クラウドファンディングでは、非上場企業の株をリターンとして受け取れる、言わば株主になれる。

将来、投資先企業が上場やM&Aを行ったときに株式価値が上昇していればリターンを得られます。

メリット

  • 上場時に大きな売却益を得られる可能性がある
  • 期待するベンチャー企業に、早い段階から投資できる
  • 個人投資家など、多くの人からの投資を呼び込める

デメリット

  • 出資者から上場への期待・プレッシャーが掛かる
  • 適時、会社の情報を公開していく必要がある
  • 上場しても出資金を上回る売却益にならないケースも

代表的なクラウドファンディングサイト

代表的なクラウドファンディングサイト

ここからはクラウドファンディングで有名なサイトを5つ厳選してご紹介します。

会員登録をしなくても進行中の案件が見れるサイトが多いので、まずはどのような案件があるか、サイトをチェックしてみるのがおすすめです。

Campfire

『Campfire』は、国内最大級のクラウドファンディングサイトです。

プロジェクト数や投資者の数が非常に多く、ジャンルも豊富なのでどのようなプロジェクトに人気があるのか、実際にご自身の目で確かめてみてはいかがでしょうか。

次々に新しいプロジェクトが登場するので、見ているだけでも楽しめます。

プロダクトの購入型からクリエイターや社会活動系のプロジェクトまで、ご自身に合った投資先を探してみてはいかがでしょうか。

LIFULLソーシャルファンディング

共感できる夢に投資したいという方が集まる、寄付型のクラウドファンディングサイト。

支援を受けたい方、支援したい方の熱い想いが交わされる寄付の場になっています。

地方で親しまれた施設の復興や医療に貢献できる出資、海外の恵まれない子供へのプロジェクトなど、国内外問わず多くのプロジェクトが掲載されています。

Readyfor

国内初の購入型クラウドファンディングサイトとして登場した『Campfire』。

案件数が非常に多いのではじめて取引する方はここから見てみてはいかがでしょうか。

購入型の他に、発展途上国の支援などの寄付型のプロジェクトも多数掲載されています。

注目のプロジェクトには多額の支援金が集まるので、融資を受けたい方も必見です。

FUNDINNO

FUNDINNOが提供するサービスの仕組みである株式投資型クラウドファンディングは、非上場株式の発行によりインターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みです。

「FUNDINNO」で取り扱っている案件にはプロの投資家が投資をしている案件も多く、その成長性に期待ができる企業を見つけることができます。

SBIソーシャルレンディング

SBIグループの子会社が2011年リリースした融資型クラウドファンディングサイト。

期待利回りはあまり高くないものの、大手金融会社が運営していることもあり有望ファンドはすぐに募集枠が埋まるほどの人気があります。

募集しているファンドも厳選されていて案件数が少ないので、投資先を探す手間が少ないのも魅力的です。

不動産やソーラーパネル事業、ローンファンドなど取り扱っているジャンルは豊富。ご自身が納得できる投資先をじっくり探してみては。

海外クラウドファンディングの状況

海外クラウドファンディングの状況

海外に目を移すと、アメリカのクラウドファンディングの市場規模は日本を含む他国を圧倒しています。

その中で世界的に有名なクラウドファンディングサイトが『Kicksarter』です。成約率こそ余り高くありませんが、集まる支援額が数億円に達するものがあるなど、その取引額は他社を圧倒しています。

日本語というローカル環境でビジネスを行う日本人に対し、Kicksarterは英語を使い世界中の人から寄付を募れるのも、寄付額が増える要因の一つです。

日本では、まだまだメジャーとは言えないクラウドファンディングですが、海外では調達額が集まらなくても実績としてアピールできるなど、広く受け入れられています。